乙寧ディザスター

ネットニュースが伝える君の武勇伝

鮮やかな霧

学生の頃に、NERV(ネルフ)に就職すると言ったっきり姿を消した無職の高木くんに久しぶりに会った。彼はウーバーイーツ配達員(ウーバーイーター)を妨害するアルバイトを始めたらしい。

f:id:ot0ne:20181207011716j:image

ニンテンドックスで犬を虐待していた過去がある奴らが幽閉される監獄「ニンテンドー・ラボ・ジ・ザイオン 」に投獄されていた、高木くんは罪を償う為に「WANIMAに加入する事になった!」とフル笑顔で言っていた。

 

 

とりあえず意味わかんねーからぶん殴っておいた。

 

彼はとても懐かしそうに、笑った。

 

 

どうも、おとねです。最近はInstagramのストーリーでおにゃにゃの子が生理かどうか判別出来るようになりました。

 

高木くんは、たまに意味深な事を言う。

遊戯王をしている時にいきなり「勝負とは善悪で決まるわけじゃなく、強弱で決まる」と言い出したり。

社会の授業で「公共の安全を守りたかったら産婦人科医にでもなれば良い。平和なんて誰にも守れないんだから生まれてくる赤児を皆殺しにするしかない。誰も生まれてこなかったら、脅威の種もなくなる。人間がいる限り安全な社会なんてあり得ない。必ずおかしな奴は生まれてくるから。」と言い出したのも印象に残っている。高木くんはヤバい奴だなって思う。いつも砂場で砂を食ってたし。猫虐待するし。

 

でも、そんな高木くんは僕は好きだ。

いつも高木くんは僕のサンドバッグになってくれる。定時の時間になると、いつも校舎裏に来て「おやつ」をねだってくる。

腹部に蹴りを入れる。鈍い音が高木くんの腸内を掻き回し、ゆっくり景色を眺めたい気分を害する様な声をあげる。

高木くんは涙鼻水を垂れ流し、まるでニンテンドックスの犬の様に嬉しそうにおやつを求める。僕は高木くんが壊れない様に丁寧におやつを食らわせてあげた。

日に日にエスカレートしていくおやつタイムは高木くんと僕のエクスタシーを満たす。高木君と僕の関係を知る者は誰もいなかった。

 

高木くんは狂ったようにおやつを喰らい、ついに糞尿を垂れ流しながらこう言った。

 

 

「殺して下さい」

 

 

虫酸が走った。

 

その日から僕は高木くんにおやつをあげるのをやめた。高木くんはいつも通り頭のおかしい高木くんを演じていて、僕とすれ違うと少し悲しそうな顔をしていた。

 

彼はとても寂しそうに笑った。

 

 

僕は高木くんの埋め合わせをする為、ニンテンドックスのゲームを買った。

 

高木くんはNERVに就職するらしい。

 

 

 

殺してあげればよかった。

 

f:id:ot0ne:20181207015055j:image

さよーならみなさん

心のノートを死ぬ寸前の病人に音読させて爆笑した後、焚き火をして全焼させる。

f:id:ot0ne:20181024182044j:image

それは不道徳なのか?

僕はわからない。この世に存在する、「概念」「思想」「道徳」というものは人間が勝手に作り出したものだ。

時間というものも、人間が作り出した幻想であって勝手に作った概念であり、指標に過ぎない。みんな囚われてる

人間の脳は10数%ほどしか使われてないと聞いた。(これが本当かもわからない)

もしこれが本当だとしたら、明らかに自ら作った「文明」「規則」「思想」「概念」によって無意識に規制をかけてるような気がする。

自由を手に入れる事って多分、生き物は一生かけても手に入らないと思う。

生物は特性などをプログラミングされてるしその中で何かしら自由が無い面はある。感情を持たない「物」だとしても、そこに「無」というプログラミングが施されていると思うんだよね。

 

 

 

うるせえ

 

そんな事どうでも良くて、こうゆう意識の高さを見せびらかして自己陶酔してる男の娘、そう。どうもおとねです。^^;

 

最近はInstagram#マタニティフォト というタグを「うわぁ〜グロッ(笑)」と思いながら見るのが趣味です。

だってあれ、くそグロいでしょ。美しい女性であればあるほど、グロい。細くて美しい女性の腹が膨れ上がり奇形になっているのが何故か癖になってしまいますね!

完全に奇形だし、何かパラサイトしている風にも見えてしまうし、見慣れるとゲッシュタルト崩壊する。みんなも是非 #マタニティフォト 見てみて下さいね。

 

2〜3ヶ月前、ピークで悩んでた時期があった。

その時は友達を誘いやけ酒ばかりして、泣きまくって帰りの電車で虚無に襲われる事の快感を覚えてしまい、気付くと駅のトイレにお賽銭をして両手を合わせていた。

結果、悩みも解消したし今は精神的にも安定した。だからトイレの神様はいると思う。

 

ぼく、あの歌嫌いだったんだよね。なんか知らんけど。着メロにしてたけど。

 

 

 

 

うそw

 

毎日ふざけてるし不謹慎で「w」みたいな感じだけど、悲観的になるのは昔から好きじゃない。自分が発する言葉や言動は常に前に向かおうとしている。だって明らかに楽しい方が良い。(マイナスをプラスに変える力を持っているからこうゆう事言える)

幸せなのに幸せじゃないふりする奴も大っ嫌い。素直に楽しめば良いのに。

例えそれが、インスタントな幸せであっても、僕は喜べるし美味しく咀嚼できる。

 

そんな人になれてよかった。

 

 

 

 

 

って思うじゃん?

 

全然人生って辛いよね、でも上記に記したマインドはマジ。

辛い時に自分を第三者目線で観れるとすぐ冷静になれるよ。

 

 

 

 

あることに気付いた、

人間と人の違いについて。

「人間」って文字通り、「人」の「間」の存在なんだなって。まだ僕らは未完成なんだよきっと。カルマを背負った「人間」が「人」になる為に試行錯誤してく様子を歴史とする。

「人」に観られてるんだよなぁこれって。

 

「人間」って神を創造しがちだよね。

 

 

 

 

もしかして人って神なのかもね。

まぁ〜たてきとーな意識高いこと言ってるよ^^;

 

 

 

 

 

でも、あながち間違ってないよきっと。

f:id:ot0ne:20181201080818j:image

幻に溺れて

夢の中で見ていた夜を思い出した

微かに揺れる歪な季節を壊して試す

秘密に咲いた間違いだらけの愛

 

美しい嘘もつけられないまま、

見慣れた言葉は形を変える

見つからないイメージが波形を乱し、

不気味な投影に恩寵を受ける

 

気付けば水槽の中で赤を刺して

偽るほど近くなるし

偽るほど戻れなくなる

触れるほどグチャグチャになる

その度認め合えるなら、無くしかけた世界も全部捨てて新しく作り直せるかな

 

贅沢な飢餓。

 

片手でなぞった爪痕の余白

痛いくらい痕に意味をつけて、

透明な唄の意味を知りたくて

微かな曖昧も美しくみえて

色鮮やかな無色は透明で

作り上げた景色も壊されそうだな

君の中にあるその全てを魔法にかけて粉々にしてみたい

 

張り詰めた僕の声  君は少し笑ってみせて

僕らで在った意味を見失わない様に

 

あと少しで居なくなるから

 

f:id:ot0ne:20181128084707j:image

 

 

青春パンクはいつまでも

峯田和伸は大罪人だ。

"銀杏BOYZ"というフィルターを通さなきゃ物事を見れなくなってしまった人間を大量生産し、人々が「本来持ち合わせている社会性」を大量に破壊した(殺した)挙句、今もなお、少年少女おっさん達の人生を狂わせている。

 

Netflixで観た『宮本から君へ』の第11話でタクシーの運ちゃん役で一瞬、峯田和伸がちょい役で出演していた。

そういう」所なんだよ、本当に。

お前はwいつもいつもwwww「そういう」所なんだよwwwwww

f:id:ot0ne:20181108060800j:image

 

モテキ』ではバンTやらゴイステなどの小ネタでちょろちょろとサブカルチャーの通り道として起用されやがって。お前は本当に「そうゆう」所なんだよ。

あと、これ読んでるお前らも峯田のブログにコメントしてんじゃねーよ。峯田はお前らなんかのコメントなんて見てねーからな。

f:id:ot0ne:20181108061018j:image

 

さらに許せないのはテレビドラマ『恋仲』の第1話。主人公の男「」くん(福士蒼汰)とヒロインの「あかり」ちゃん(本田翼)の高校時代のシーンで、イヤホンを分け合って聴いていたのが、銀杏BOYZの「BABY BABY」だ。

ゔぇえ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛

第1話にして吐き気すら及ぼすクソ展開過ぎて、毎週楽しみにしていた。

そして最終話、遂にアイツ(峯田和伸)が屋台ラーメンの店主役で出演してしまった。

15分特別拡大された最終回にて、弾き語りでBABY BABYを謳い、「最終回らしさ」に拍車をかけていた。胸糞悪い。

f:id:ot0ne:20181108062339j:image

(このスリーショットに殺意すら芽生える。)

そして、ドラマ『高嶺の花』で石原さとみと接吻をした。そこで僕は彼を殺害する事を決めた。

ゔぇえ゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛

本当に許せねえな、峯田。

お前が犯した罪の重さは、一生じゃ償えないくらいの罰を与えなければいけない。

ぶん殴ってぶん殴ってぶん殴りまくった後に抱きしめてやる。

僕も2004年の銀杏BOYZのロッキンジャパンの映像をみてお前に憧れた。

まさに、ボーイズ・オン・ザ・ラン

僕はお前が好きだ。

 

 

 

 

 

 

うっそだよバァーカ!!!!!

YouTubeのコメント欄とか臭っいんだよwww

あと、ライブ映像にちょくちょく映ってる泣きながら峯田を崇拝してる奴ら、絶対それ青春感動ポルノの一種だからね。「銀杏BOYZ」のライブに行って泣きながらBABY BABYをコーラスしてる自分に酔ってるだけなんだよ。

明日が来るのを怖がってんじゃねーよ。恵まれてるくせに何かと憂い悲観ぶってモテキ藤本幸世ぶるな。サブカルチャー甲本ヒロト銀杏BOYZ浅野いにおも、寄り添ってくれないからな。みんなが寄りかかってるんだ。四畳半ライフ、缶チューハイ持って、一服して、いつまでもダサいとカッコイイを履き違えて、わかったような顔して、その場で足踏みするのやめようぜ。そして、いつまでもそれを評価しているギャラリーにちやほやされて自己陶酔するのも、もうやめよう。

 

カルチャーは独自で吸収し、独自で咀嚼する。僕らの未来は僕らで切り開こうぜ。

 

 

 

 

 

そんな僕は京香先輩と一緒にカラオケに行って普段歌わないのに、震え泣きそうになりながら BABY BABYを歌いました。

 

 

はいはい、「そうゆう」とこ。

フラッシュバックはスピリチュア

 

最近は精神が安定しない。

おとねという概念は感情の起伏が激しい。

 

尾木ママはセックスの事を「ラブクラフト」と呼んでいた。何故か分からないけど、急激な怒りに襲われた僕は尾木ママをインターネット詐欺に引っ掛けて混乱してる所をラリアットし、でんぐり返しさせたい。

 

ただ、それだけの感情が芽生えた。

 

 

 

 

何故かこの話を思い出した。

 

僕のおじいちゃんはボカロPだ。

初音ミクに軍歌を歌わせていた。

休日は産婦人科の前でずっと鎮座している。おじいちゃんは胎児は法的には物体と言っていた。中絶は殺人ではないと、婦人科の前でデモを起こしていた。

おじいちゃんは週に1度、闇サイトで羊水を購入する。「シルバー登山倶楽部」の活動の度、購入した羊水を水筒に入れ登山をする。

おじいちゃんはリュック代わりに「乙武」を背負い山を登る。乙武に「プールに投げ込まれたなう」とTwitterに呟かせたのもおじいちゃんの仕業だ。

乙武は拾ってきたらしい。

 

乙武はラジコンじゃ。

そう言って僕に乙武を遠隔操作するコントローラーを渡して来た。

実は乙武に性交渉を強要させてたのは僕だ。

おじいちゃんがくれたおもちゃだった。

 

ある日、おじいちゃんはまた変なものを拾ってきた。「この猫、俺が昔好きだった女に似てるんだよなぁ」と言って持って帰ってきたのは火垂るの墓に出てくる「節子」のダッチワイフだ。流石に引いた。

 

その夜から、おじいちゃんの部屋から「節子ォ〜節子ぉ〜」と呻き声が聞こえる様になった。怖かったけど、おじちゃんがいない隙に部屋に忍び込み探索した。

 

ボカロPであるおじいちゃんのデスクはモニターが3段に積まれており、真っ先に目が行くのでPCを調査した。

 

おじいちゃんのデスクトップに「節子」というファイルがあった。開いてみると、胎児のMRI(エコー)写真が大量に保存されていた。これはきっと産婦人科から盗んだものだ。

 

他にも部屋の本棚にあった「女の子★宣言」というファイルの中にはコンビニやデパートの三角コーナーで盗んだであろうナプキンが大量にラミネートされて保存されていた。

 

様々な奇行に興味をそそられ、親戚におじいちゃんについて色々聞き出した。おじいちゃんは昔、お婆ちゃんとの間で流産した経験があるらしい。何度も上手くいかず、精神的におかしくなってしまったらしい。

 

何故か愛おしく感じた。

後に、ぎっくり腰と共に認知症になりそのまま少年の様な目をしてこの世から去って行きました。

 

そこから僕は一時期、顔面麻痺で左側の顔がピクピク痙攣していた。ヨダレを垂れ流しながら笑顔の練習をしていた。

 

実はずっと彼を虐待していた。もしかしたら、おじいちゃんの呪いかもしれない。

 

定期的におじいちゃんの腹部に蹴りを入れる。その度に、無抵抗な彼が首から下げている、写真入りのペンダントが悲しく揺れる。呻く声、打撃の際の音。

おじいちゃんは僕に恐れの目を向けていた。

だから何でも言う事を聞いてくれた。

 

とても愛おしかった。

 

 

 

本当はおじいちゃんをラジコンの様に扱ってたのは僕だった。

 

 

最近は精神が安定しない。

おとねという概念は感情の起伏が激しい。

 

f:id:ot0ne:20181019151111j:image

おわり。

おやすみムーンライト銀河

僕は皆が「シレッ」としているのを見ると、何故かモヤモヤする。

 

高校の頃のイケてない人達のSNSを覗くと皆シレッと付き合ってるし、イケてる人達はシレッと彼氏彼女を取っ替え引っ替えしている。

 

そしてかっこいい、かわいい人達は皆シレッと付き合ってる。(わかんないけど)(偏見だけど)

 

 

ずるいぞ。

 

 

 

 

実はみんなに言ってなかったけど、他人がいつセックスをしたかどうか僕はわかるんだ。

 

デスノートの「死神の目」みたいに、頭の上に時間が書いてあってね。あー、この人〜時間前にセックスしたんか〜って分かるの。

 

あー、なるほどね!

昨日セックスしたんね!!

そんな可愛らしくて初々しい感じで接してくるのにセックスしてたんね!^^;

 

ってなってしまう。

これはまじ。

ほんと、マジ。

 

この能力の事を「Eyes of the Innocence」(アイズ・オブ・ジ・イノセント)と呼んでいる。

 

これは本当に信じてもらえるから分からないけど。。オナ禁をして得た特殊能力なんだ。

 

だから、皆がシレッとセックスをしているのを本当は知っている。知っているから、辛い。

 

 

「おい!おとね!!何ニヤニヤしてるんだ!」

学校の先生が僕の事を怒っていた時、Eyes of the Innocenceを使ってやった。

「ふーん、エッチじゃん。」(ニタニタぁ)

胸ぐらを掴まれた。

 

 

僕はこの能力を使い、高校生の頃一瞬恋しかけた女の子「さくらちゃん」にセクシャリティな観察をしていた。

 

さくらちゃんは美容師だった。

僕は当時モデルっぽいことをしていた。さくらちゃんは僕の髪の毛をメンテナンスしてくれる美容師アシスタントだった。

 

さくらちゃんは当時彼氏がいなく、Eyes of the Innocenceを使って半年以上は性行為をしていない事を計測できた。

 

僕は生理の匂いを嗅ぎ分けられる能力も兼ね備えている。これを、「Periodd perfumey nose」(ピリオッド・パフューミー・ノーズ)と呼ぶ。

 

Periodd perfumey noseを使い、ルナルナのアプリで彼女の生理周期を管理していた。

 

ただ、監視し続ける事しかできなかった。

 

 

ある日、さくらちゃんから「性」の匂いがした。透かざす能力を発動させた。

 

「古(いにしえ)より司る幼心(おさなごころ)に宿し聖なる御加護よ。今この純粋無垢潔癖なる聖眼に力を与えよ。Eyes of the Innocence !!」

 

……………⁉︎

 

12時間前に性交渉をしている⁉︎

 

さくらちゃんはそんな事しない、純粋な女の子なんだ。きっと何かの間違えなんだ、さくらちゃんはそんな事、、いや。彼氏ができたのか?

僕は恐る恐る聞いた。

 

「カ、カカカカカカカレ…彼氏できたンですか¿」

 

「ん?、出来てないよー笑どうしたの?」

 

SNSを張り付いて関係値のありそうな男を調べ尽くしたし、担当の美容師さんに裏を取っても彼氏の影は無さそうだった。

そうか、この人はシレッと彼氏以外の男とセックスをしたのか。

そうだよな、普通に健康なお年頃の男女はそうゆうの普通だもんな。

 

とてもやるせない気持ちになった。

ルナルナによると、あと2日後くらいが予定日だ。さくらちゃんは生理前になると性欲が強くなるのかな?なんて考えたりして僕の情緒も思考も全てよく分からない方向になってしまい、脳の破壊と共にセクシャリティな観察もやめた。

 

 

学んだ。

人のプライベートに勝手に足を突っ込んで勝手に落ち込むなんて馬鹿げた事をしてはいけない。何なら、性生活なんて人それぞれだし踏み込んで良いわけがない。

 

そして会う度にさくらちゃんのカウントは日々更新されていく。さくらちゃんは僕にいつも通り変わらず優しく接してくれる。

 

女性にも性欲があるという事を知った。

 

 

 

これが僕が体験したシレッとした話です。

若いね。

 

最近僕はシレッとゲイバーに行ったらシレッと犯されそうになった。

 

シレッとね。もしかしたら意外な人がシレッとしてるかもね。

 

 

僕もシレッとしよ。

オタクだけども。

 

うそ

f:id:ot0ne:20181019011446j:image

 

ハートステーション

青春はまだまだ終わりそうにないし、10代より心が10代な気がする。

淡くほろ苦いシンドローム

 

 

文字に起こさなくても言葉は消えないし残り続ける、当たり前ほど見落としやすいから。

伝えたいステイゴールド

 

 

未来には物質が粉々の素粒子になってしまう話を聞いた。狭心で胸が痛い。多分僕の心臓は不良品だから。変なもん受信してる。

心の電波に秘密のヘルツ。

 

この世に引き止めるもの。僕たちはキラキラしたものを手に入れるのにいつも必死で、もし、それを一瞬だけでも捕まえる事ができたならまた普通の日常に戻れるのに。

スイッチが入ったら、もう元に戻せない。

神様だけが知ってる秘密。

 

 

何ポンドか分からない福音。

 

 

欲しいものがあるってのは生きている証拠なんだって。伝えられなかった皆の心はどうなるんだろう、皆が言いたかった気持ちはどこに行くんだろう。怖い。だから伝えた方がいい。

罪人達のハートステーション。

 

 

 

みんな明日があるってなんの疑いもなく信じてんだよな。

 

毎日毎日、最後だと思ってしまう。

 

 

 

いつか目の前にお前が信じたものが形をもって現れる。その日まで。

 

 

 

 

健やかに。

乙女心はゆらゆら。

f:id:ot0ne:20181018055951p:image