乙寧ディザスター

ネットニュースが伝える君の武勇伝

おやすみムーンライト銀河

僕は皆が「シレッ」としているのを見ると、何故かモヤモヤする。

 

高校の頃のイケてない人達のSNSを覗くと皆シレッと付き合ってるし、イケてる人達はシレッと彼氏彼女を取っ替え引っ替えしている。

 

そしてかっこいい、かわいい人達は皆シレッと付き合ってる。(わかんないけど)(偏見だけど)

 

 

ずるいぞ。

 

 

 

 

実はみんなに言ってなかったけど、他人がいつセックスをしたかどうか僕はわかるんだ。

 

デスノートの「死神の目」みたいに、頭の上に時間が書いてあってね。あー、この人〜時間前にセックスしたんか〜って分かるの。

 

あー、なるほどね!

昨日セックスしたんね!!

そんな可愛らしくて初々しい感じで接してくるのにセックスしてたんね!^^;

 

ってなってしまう。

これはまじ。

ほんと、マジ。

 

この能力の事を「Eyes of the Innocence」(アイズ・オブ・ジ・イノセント)と呼んでいる。

 

これは本当に信じてもらえるから分からないけど。。オナ禁をして得た特殊能力なんだ。

 

だから、皆がシレッとセックスをしているのを本当は知っている。知っているから、辛い。

 

 

「おい!おとね!!何ニヤニヤしてるんだ!」

学校の先生が僕の事を怒っていた時、Eyes of the Innocenceを使ってやった。

「ふーん、エッチじゃん。」(ニタニタぁ)

胸ぐらを掴まれた。

 

 

僕はこの能力を使い、高校生の頃一瞬恋しかけた女の子「さくらちゃん」にセクシャリティな観察をしていた。

 

さくらちゃんは美容師だった。

僕は当時モデルっぽいことをしていた。さくらちゃんは僕の髪の毛をメンテナンスしてくれる美容師アシスタントだった。

 

さくらちゃんは当時彼氏がいなく、Eyes of the Innocenceを使って半年以上は性行為をしていない事を計測できた。

 

僕は生理の匂いを嗅ぎ分けられる能力も兼ね備えている。これを、「Periodd perfumey nose」(ピリオッド・パフューミー・ノーズ)と呼ぶ。

 

Periodd perfumey noseを使い、ルナルナのアプリで彼女の生理周期を管理していた。

 

ただ、監視し続ける事しかできなかった。

 

 

ある日、さくらちゃんから「性」の匂いがした。透かざす能力を発動させた。

 

「古(いにしえ)より司る幼心(おさなごころ)に宿し聖なる御加護よ。今この純粋無垢潔癖なる聖眼に力を与えよ。Eyes of the Innocence !!」

 

……………⁉︎

 

12時間前に性交渉をしている⁉︎

 

さくらちゃんはそんな事しない、純粋な女の子なんだ。きっと何かの間違えなんだ、さくらちゃんはそんな事、、いや。彼氏ができたのか?

僕は恐る恐る聞いた。

 

「カ、カカカカカカカレ…彼氏できたンですか¿」

 

「ん?、出来てないよー笑どうしたの?」

 

SNSを張り付いて関係値のありそうな男を調べ尽くしたし、担当の美容師さんに裏を取っても彼氏の影は無さそうだった。

そうか、この人はシレッと彼氏以外の男とセックスをしたのか。

そうだよな、普通に健康なお年頃の男女はそうゆうの普通だもんな。

 

とてもやるせない気持ちになった。

ルナルナによると、あと2日後くらいが予定日だ。さくらちゃんは生理前になると性欲が強くなるのかな?なんて考えたりして僕の情緒も思考も全てよく分からない方向になってしまい、脳の破壊と共にセクシャリティな観察もやめた。

 

 

学んだ。

人のプライベートに勝手に足を突っ込んで勝手に落ち込むなんて馬鹿げた事をしてはいけない。何なら、性生活なんて人それぞれだし踏み込んで良いわけがない。

 

そして会う度にさくらちゃんのカウントは日々更新されていく。さくらちゃんは僕にいつも通り変わらず優しく接してくれる。

 

女性にも性欲があるという事を知った。

 

 

 

これが僕が体験したシレッとした話です。

若いね。

 

最近僕はシレッとゲイバーに行ったらシレッと犯されそうになった。

 

シレッとね。もしかしたら意外な人がシレッとしてるかもね。

 

 

僕もシレッとしよ。

オタクだけども。

 

うそ

f:id:ot0ne:20181019011446j:image