乙寧ディザスター

ネットニュースが伝える君の武勇伝

アルバイト《コンビニ編1話》

皆さんはコンビニのアルバイトを経験した事があるだろうか。

僕は高校生の時にLA○SONで働かせて頂いてました。

今日は幾つかあるコンビニアルバイター時代のエピソードを1つ綴ります。

 

コンビニ業務は冬が忙しい。

【クリスマス】【お正月】

大きい行事があるからで更に言えば

おでん70円セール】というレジ殺しキャンペーンが多くなる。

 

おでん70円セールに関しては鬼畜の所業。レジが混んでしまう大きな原因であり人間の集団心理が働くのでしょうね、

1人がおでんを買うと虫の如くこぞって集り始めます。

おでんを補充するのは結構大変なのです。

 

 

因みに僕は当時彼女がいなかったのですが悔しかったので24・25は絶対シフトを入れてませんでした。

 

雑談が多すぎましたね😌

本題はここからです。

 

 

 

コンビニ業務は冬が忙しい。

 

いつも通りアルバイトをしていると腰の曲がった弱そうなお婆ちゃんがご来店してきた。

 

「イラッシャイマセー」

 

とぼとぼとレジの前まで歩いて来て、僕の顔をじっと見つめながらこう言いました。

 

お婆ちゃん「さんだんじゅう下さい」

 

!?

 

正直驚いたね、

こんな老人がまさかFPSのやり過ぎで

精神異常を患ってコンビニでSG (ショットガン)を買いにくるなんて思ってもいませんでした。

 

僕は笑いを堪えながら

「すみません、その様な類のモノはお取扱いしておりませwッん…」(堪えきれてない)

 

そう言うとお婆ちゃんも困った顔をする。

心苦しいが仕事は仕事。

お遊びには付き合ってられない。

 

お婆ちゃんは「さんだんじゅう」をチラシでみたと言い張る。

 

しかしどう足掻いても 散弾銃  はコンビニでは販売していません。

 

呆れてしまったので、一刻も早く「コイツ」を帰らせなくちゃと思い連絡先を聞いて「店長に聞いてみるので後日ご連絡致しますね!」と流すと

お婆ちゃんは手提げ袋からチラシを出してきた。

 

 

【おせち予約】

完全に一本取られた。

お婆ちゃんが求めてたものは

散弾銃ではなく【三段重】でした。

おせちの三段重。

唖然としてしまった。

おかしかったのは自分だった。

 

責任を持っておせち予約を承らせて頂きました。

 

また1つ業を重ね、何も悪くないお婆ちゃんを精神異常者 扱いしてしまいました。

 

そこからもっと人に優しく接し寄り添おうと思える様になり、人として成長をする事が出来ました。

 

 

f:id:ot0ne:20170725090145j:image

 

 

 

その善意は思わぬ方向へ向かうのであった…

『アルバイト《コンビニ編2話》』に続く。

 

(書くとは言ってない)